VPNデスクトップvsリモートデスクトップ

リモートデスクトップを使用する環境では、通常、企業の敷地内にリモートでアクセスされる物理マシンがあります。VPNを使用する環境では、物理マシンはユーザーの手元にありますが、ネットワーク上では実際にそこにあるかのように見えます。

どちらの場合も、ネットワークとユーザー間の接続を暗号化する必要があります。

リモートデスクトッププロトコル(RDP)とは

VPNを使用してオフィスネットワークで作業しているように見えるユーザーの図。

画面共有とも呼ばれるリモート デスクトップは、別のコンピュータに接続することで、そのコンピュータを目の前で使用しているように操作できるソフトウェアです。これは、オペレーティングシステムのネイティブ機能として実装することもできます。人気のツールには、Netviewer、LogMeIn、TeamViewer、Citrix、Appleの画面共有などがあります。


リモートデスクトップでオフィスネットワークに接続しているユーザーの図。

リモートデスクトップアプリケーションは、技術的なトラブルシューティングだけでなく、リモート作業にも使用されます。

すべてのキー入力とマウスの動作は、すべての計算を実行するリモートデスクトップに送信される必要があります。その後、画面は画像として返送されます。このため、中程度の高速インターネット接続でも遅延が発生して、イライラさせることがあり、インターネット接続がなくてシステムが利用できなくなります。

リモートデスクトップは、すべての従業員が現場で作業する、大規模で適切に構造化された企業やオフィスでも使用される場合があります。建物内のネットワークは非常に高速なため、リモートデスクトップのパフォーマンス上の欠点は取るに足らないものとなり、集中管理されたシステムの利点が勝ります。

トラブルシューティングにリモートデスクトップを使用する

トラブルシューティングにリモートデスクトップ環境を使用することには、次のような利点があります。

  • 管理者は、ユーザーに表示されるすべてを簡単に表示できます。
  • 管理者は、マウスを動かし、キーボードで入力し、遠くから任意のタスクを実行できます。

リモートデスクトップを使用してリモートで作業する

リモートデスクトップアプリケーションを使用すると、世界中の従業員が互いに大きく異なるマシン上にいる状況で、管理者はワークフローの標準化ソフトウェアの保守システムのセキュリティ保護を容易に行うことができます。

通常、リモートデスクトップステーションは、集中サーバーファーム内の仮想マシンです。

ラップトップで作業しているハッカー

VPNとリモートデスクトップのセキュリティの問題点

社内のリモートデスクトップシステムを適切に管理することは、インターネット上の誰にでも、社内ネットワークのマシンに直接アクセスして、マシンの目の前にいるかのように操作する方法を提供することになるため、簡単なことではありません。優れたパスワード2 要素認証、さらにはIPホワイトリストの作成も必須です。

VPN資格情報を処理する方が簡単な場合が多く、単に社内ネットワーク(会社のコンピュータ内ではなく)にあることによる損害は比較的大きくはありません。

Tor vs VPN

コンピュータネットワークをリモートデスクトップで設定するか、VPNを設定するかを決定する必要があります。ハイブリッドモデルも可能です。通常、ユーザーが自分のハードウェアを持ち込んで、自分のコンピュータを管理したい場合には、VPNが好まれます

その一例が大学です。ユーザーが自分のコンピュータを管理しない場合や、従業員がコンピュータで実行できる操作と実行できない操作を雇用主が細かく管理したい場合には、リモートデスクトップ環境の方が理にかなっていることがよくあります。