Threat Manager:ワンタップでアプリトラッカーをブロック

企業が、あなたやあなたのオンラインでの活動について、アプリやウェブサイトを通じて知っていることをコントロールできるようになりましょう。ここでは、ExpressVPNサブスクリプションに付いているThreat Managerをご紹介します。

Threat manager hero

Threat Managerとは?

アプリやウェブサイトを使用後に、関連する広告を多く見始めることにお気づきですか?さまざまなオンラインサービス、特にアプリが記録して、その後に第三者企業とユーザーのアクティビティを共有することがその理由です。この収集された情報は、その後、更にユーザーをターゲットにした広告やコンテンツを提供するのに使われます。この一連のプロセスは、通常はユーザーの認識や同意なく起こります。

人気がある多くのウェブブラウザは、現在ではウェブサイトが通信できる第三者企業を制限する機能をつけており、不正な共有量を減らしています。しかし、これはすべてのブラウザに対応しているわけではなく、アプリには適用されないことがよくあります。そこでThreat Managerの登場です。

threat managerをターゲットにした広告

VPNエクスペリエンスの補足を目的として構築されたThreat Managerは、お使いのデバイスですべてのアプリやウェブサイトが、アクティビティの追跡や、悪意ある行動への従事で知られる第三者と通信できないようにします。これにより、オンラインのプライバシーやユーザーデータの使われ方をもっとコントロールできるようになります。

Threat Managerの仕組み

threat managerでvpnを強化

Threat Managerは、トラッカーや悪意のあるサイトの「ブロックリスト」に登録されているサーバーと、お使いのデバイスの一部が通信するのを防ぎます。このブロックリストは、各アプリの新バージョンで定期的にアップデートされます。

Threat Managerは、現在iOS、Mac、およびLinux版ExpressVPN内でご利用いただけます。

こちらからThreat Managerの設定に関する詳細をお読みください。

Threat Managerを使ってVPN体験を強化

VPNは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)やその下請け業者など、インターネットパイプのオペレーターがユーザーがオンラインで行うことを見ることができないように確実にします。しかし、それでも、利用するアプリやウェブサイトは、ユーザーのアクティビティを記録し、そのデータを第三者と共有する可能性があります。

例えば、ニュースアプリやウェブサイトは、ユーザーが読んだ記事を記録して、そのデータを別の企業と共有することがあり、この情報を使用してユーザーのデジタルプロフィールを作ります。その後に、他の企業が表示する広告や記事を決定する手助けとして、このデジタルプロフィールを利用することがあります。Threat Managerはこの共有の一部を制限するのに役立ちます。

threat manager ブロックリスト

つまり、ExpressVPNのThreat Manager機能を使用すると、オンライントラフィックを一部の企業から隠すだけではなく、収集されるアクティビティが広範に共有されないということです。Threat Managerは、アクティビティログや接続ログを一切保持しないというExpressVPNのプライバシーポリシーにも従っているので、より優れたプライバシーで閲覧することができます。

よくある質問

Threat ManagerはDNSブロッカーのようなものですか?
Threat Managerは安全ですか?
Threat Managerの使用は無料ですか?
ExpressVPNのThreat Manager機能の使い方は?
Threat Managerを使用できるデバイスは?
30
日間
返金保証

オンライン脅威を避けながらVPN保護をお楽しみください

30日間返金保証がついたExpressVPNをリスクフリーで今すぐお試しください。

ExpressVPNを購入する