VPNキルスイッチ: ExpressVPNのNetwork Lock

VPNキルスイッチ:信頼できるNetwork Lock

Network LockはExpressVPNのキルスイッチです。VPN接続が切断された場合でもデータを安全に保ち、保護が回復するまですべてのインターネットトラフィックをブロックします。

電源のオン/オフ、Wi-Fiネットワークの変更、コンピュータがスリープしても、ネットワークの安全を保ちます。Windows、Mac、Linux、ルーター版ExpressVPNアプリに標準搭載されています。

ネットワークロックは、VPNの接続が切れると、すべてのインターネットトラフィックを停止します。安全なコンピュータで輝くランプ。

VPNキルスイッチとは?

VPNはユーザーのプライバシーを保護し、安全なブラウジングを可能にします。しかし、VPN接続が中断されたらどうなるのでしょう?ブラウザや他のアプリは、デバイスが保護されていない状態で接続することを警告してくれません。そこで登場するのが、VPNキルスイッチです。

VPNが切断されると、キルスイッチはすべてのインターネットトラフィックを無効にします。これにより、ユーザーのIPアドレスやその他の機密情報が漏洩するのを防ぎます。VPN接続が回復すると、安全なインターネットアクセスが再開されます。

VPNキルスイッチが必要な理由

VPNが必要なのであればキルスイッチも必要です。キルスイッチを使えば、IPアドレスやロケーションがお使いのデバイスから漏れたり、暗号化されていないデータが送信されることはありません。これにより、ユーザーのIDや通信が第三者によって監視または傍受されることを防ぎます。

パソコンの画面に閉じた南京錠。ネットワークロックでデータの安全性を確保

ExpressVPNのキルスイッチであるNetwork Lockは、インターネットトラフィックが暗号化されたVPNトンネルの外部に流出するのを防ぐので、ユーザーの情報はいつでも安全に保護されます。

VPNキルスイッチの種類

VPNキルスイッチは、アプリケーションレベルとシステムレベルの2種類あり、それぞれ異なるレベルで動作します。

アプリケーションレベルのVPNキルスイッチ

選択したアプリにのみ影響します。たとえば、ブラウザのトラフィックを停止するようにキルスイッチを設定した場合でも、他のアプリは接続されます。これにより自由度は増しますが、その分セキュリティが損なわれます。VPNに接続されていても、VPNキルスイッチが適用されていないアプリについては、部分的にしか保護されません。

システムレベルのVPNキルスイッチ

より厳重に、すべてのネットワークトラフィックを停止させ、VPNが復旧するまで何もアクセスできないようにします。すべての接続をブロックするため、システムレベルのVPNキルスイッチは、コンピュータが暗号化されていないデータを送信することを防ぎます。ユーザーを確実に保護するため、Network LockはシステムレベルのVPNキルスイッチを採用しています。

Network Lock:仕組み

VPN接続が中断された場合、Network Lockはデバイスへのトラフィックの出入りを即座に停止させます。以下は、VPNキルスイッチが辿るプロセスです。

VPN 監視:虫眼鏡が閉じたロックから来るビットストリームを検査
VPN完全性の監視

Network Lockは、VPNサーバーへの接続を監視し、IPアドレスの変更をスキャンします。Network Lockは常に動作しているため、シャットダウンを検出した場合、即座に対処できます。

VPNキルスイッチブロック:オープンロックから出るビットストリームを手でブロック
ネットワークトラフィックをブロック

VPNのシャットダウンを検出すると、Network Lockは直ちにお使いのデバイスとの間のすべてのネットワークトラフィックをブロックします。すべてのトラフィックをブロックすることで、Network Lock はIP漏洩の可能性を排除します。

VPNキルスイッチ:ビットストリームはロックから流れることが許可され、再生サインは許可を示します
ネットワークトラフィックの再接続

VPN接続が回復すると、Network Lockは自動的にすべてのネットワークトラフィックのブロックを解除します。これは自動的に行われるので、ユーザーは瞬時にオンラインに復帰できます。

VPNキルスイッチが作動するタイミング

Network Lockは、デフォルトで有効になっています。VPNに接続するとNetwork Lockが有効になり、切断を選択するまで有効な状態が続きます。これにより、次のような場合に接続が安全に保たれます。

VPNサーバー切り替え時

古いサーバーから切断して新しいサーバーに接続するまでには、わずかな時間があります。その間にアプリがデータを送信すると、IPが漏洩する可能性があります。

ファイアウォールを新規設定時

VPNに例外を追加しない場合、ファイアウォールでブロックされます。このため、ネットワークが保護されないままになってしまう可能性があります。

帯域が制限された時

ネットワークが容量を超えて運用されると、インターネットサービスプロバイダは各ユーザーの帯域幅を調整する必要があります。これは、信頼性の低い接続につながり、お使いのVPNを不安定にさせる可能性があります。

公共Wi-Fiが不安定な時

Wi-Fi信号が弱い場合、お使いのデバイスは携帯電話接続とWi-Fi接続を常に切り替えます。これは、ユーザーとVPNサーバーとの間の接続を妨げる可能性があります。

Network Lockは自動ですか?

その通りです!Network Lockは初期設定でオンになっています。VPNが切断したり、ネットワークが中断した場合、インターネットトラフィックは自動でブロックされます。VPN接続がバックアップされるとすぐにブロックが解除され、元の操作に戻ることができます。

WindowsとMacのユーザーは数回のクリックでNetwork Lockを切ることができます。Linuxユーザーはいくつかのコマンドが必要です(Network Lockのオフは推奨しません。またルーター版ExpressVPNアプリではオフにはできません)。




Network Lock機能つきExpressVPNアプリ

吹き出しの中に鍵のアイコンが入ったルーター。

ルーター版アプリ

ExpressVPNでルーターの安全を保つとき、スプリットトンネルでデバイスを除外しない限り、Network LockはVPNに接続するすべてのデバイスを確実に保護します。「VPNなし」または「MediaStreamer」に設定されているデバイスは、Network Lockの影響を受けません。

Macのネットワークロックの設定を示す環境設定メニュー。

MacとWindows版アプリ

Network Lockは、どこにいてもユーザーのノートパソコンとデスクトップを保護します。ExpressVPNのキルスイッチは、例えインターネット接続が流出していたとしても、プライバシーを保護します。初期設定では、Network Lockはプリンタなどのローカルデバイスに干渉することはありません。

Linuxのネットワークロック。Linuxでのコードのライン

Linux版アプリ

LinuxコンピュータでExpressVPNを使用している時は、どこにいても安心して過ごすことができます。Network LockはExpressVPNブラウザ拡張機能でスムーズに作動し、Network Lockが作動した際にはMacやWindows版アプリと同様に画面上に通知が表示されます。

Android用のネットワークロック。

Android、iOS対応のネットワーク保護

Android:ExpressVPNはAndroidシステム設定を通して漏洩防止を完全にサポートしますが、スプリットトンネルとローカルデバイスへの接続を中断します。VPN接続が切断した際に、ローカルデバイスへのアクセスとスプリットトンネルを保ちながらインターネットアクセスをブロックするには、「ネットワーク保護」の設定を初期設定のままオンにしておきます。

iOS:「ネットワーク保護」の設定をオンにし続けることで、情報漏洩のリスクを大幅に軽減させることもできます。この初期設定の位置は、VPN接続が中断されるたびにインターネットアクセスをブロックしますが、メディアキャストやパーソナルホットスポットなどの機能が中断される可能性があります。

よくある質問

すべてのVPNサービスにキルスイッチ機能が備わっていますか?
ExpressVPNでキルスイッチをオンにする方法は?
VPNキルスイッチを無効にする方法は?
ExpressVPNのキルスイッチが機能しない場合は?
30
日間
返金保証

最高のVPNキルスイッチで自分を保護しましょう

絶対にがっかりしないキルスイッチつきVPNが必要な場合は、ExpressVPNをご使用ください。

今すぐ安心してお試しいただけます。Network Lockにご満足いただけない場合は、30日以内にカスタマーサポートにご連絡いただければ全額返金いたします。とても簡単です。

Choose language