Get ExpressVPN on your Mac.
MacにVPNが必要ですか?
今すぐExpressVPNを購入する
Refer a friend to use ExpressVPN.
ExpressVPNを気に入りましたか?1ヶ月の無料サービスを獲得しよう
今すぐ友達に紹介

このチュートリアルでは、MacでExpressVPNアプリを設定する方法を説明します。

このアプリには、Mac OS X 10.11 (El Capitan)、macOS 10.12 (Sierra)10.13 (High Sierra)10.14 (Mojave)10.15 (Catalina)11 (Big Sur)12 (Monterey) のいずれかを使用する必要があります。お使いのmacOSバージョンを確かめるには、こちらのガイドをご覧ください

Mac OSバージョンについては、画面左上隅にあるAppleメニューの、このMacについてからご確認いただけます。

重要: Mac OS X 10.10またはそれ以前をご利用の方は、L2TP/IPsecまたはOpenVPN手動設定をご使用ください。

目次

アプリのダウンロード
アクティベーションコードの取得
アプリのインストール
ExpressVPNの設定
VPNサーバーロケーションへの接続
VPNサーバーロケーションからの切断
別のサーバーロケーションの選択
別のVPNプロトコルへの切り替え方法
トラッカーと悪意あるサイトをブロック
ExpressVPNアプリへのショートカット追加方法
デバイス起動時にExpressVPNを起動して接続する方法
VPN速度テストの使用方法
スプリットトンネル機能の使い方
オプション: メニューバーの使用方法
ExpressVPNブラウザ拡張機能の使用方法
ローカルエリアネットワークでのプリンタへのアクセスとフォルダの共有
ExpressVPN Macアプリの言語変更
VPNアプリをアンインストールする方法


アプリのダウンロード

ExpressVPNアカウントダッシュボードを開きます。プロンプトが表示されたら、ExpressVPNの資格証明書を入力してサインインをクリックしてください。

ExpressVPNの資格証明書を入力して、「サインイン」をクリックします。

メールで受信した承認コードを入力します。

Mac版をダウンロードをクリックします。

アカウントダッシュボードで「Mac版をダウンロード」をクリックします。

ブラウザ画面を開いたままにします。後から設定にアクティベーションコードが必要になります。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


アクティベーションコードの取得

MacコンピュータでExpressVPNを使用するには、アクティベーションコードが必要です。

クリップボードにアクティベーションコードをコピーするには、「コピー」アイコン。 をクリックします。後から、コードが要求されます。

ボックスにあるアクティベーションコードをクリックして、クリップボードにコピーします。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


アプリのインストール

コンピュータにダウンロードされたファイルを開きます。「このパッケージはソフトウェアのインストールが可能かどうかを判断するプログラムを実行します」と表示された画面が表示されます。続行をクリックして、「インストールタイプ」画面が表示されるまで、続行をクリックし続けます。「紹介画面」で「続行」をクリックします。

インストール先を選択したら、インストールをクリックします。

「インストーラータイプ」画面で「インストール」をクリックします。

以前にお使いのMacでExpressVPNをインストールしたのであれば、次のような画面のみ表示されます。この画面が表示されない場合は、次のステップに進みます。

  • 以前と同じアクティベーションコードでExpressVPNを再インストールする場合には、既存のアカウントを使用するを選択します。
  • 新しいアクティベーションコードを使用する場合には、既存のアカウントを削除して他のアカウントに切り替えるを選択します。

どちらかを選択して、続行をクリックします。

「既存のアカウント」画面で選択してから、「続行」をクリックします。

インストールの完了を待って、閉じるをクリックします。

インストールが完了したら「閉じる」をクリックします。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


ExpressVPNの設定

インストールの完了後、ExpressVPNアプリが自動的に開きます。サインインをクリックします。

「サインイン」をクリックします。

アクティベーションコードを入力します。これは先ほどクリップボードにコピーしたコードです。Command +Vを押す、または長方形のフィールドを右クリックして、貼り付けをクリックします。 それから、サインインをクリックします。

アクティベーションコードを入力してから「サインイン」をクリックします。

ExpressVPN IKEv2にVPN構成への追加許可を促されたら許可するをクリックして続けます。

VPN構成への追加許可を促されたら「許可する」をクリックします。

ExpressVPNを開始時に起動するかどうかを尋ねられます。選択して続けます。

パソコン起動時にExpressVPN起動する好みを選択します。

最後に、ExpressVPNに匿名の診断情報を共有するかどうかを尋ねられます。これは、ExpressVPNの商品とサービスの継続的な向上に役立ちます。答えを選択して、続行します。

ExpressVPN向上の手助けに関して選択します。

おめでとうございます!これで、数多くあるVPNサーバーロケーションにアクセスすることができるようになりました。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


VPNサーバーロケーションへの接続方法

VPNサーバーロケーションに接続するには、 On button.をクリックします。初期設定では、ExpressVPNがスマートロケーションという最適なロケーションを推奨します。

Onボタンをクリックして接続します。

アプリの画面で接続メッセージが表示されたら、自由に、安全にネットサーフィンを楽しむことができます!

現在のロケーションの下に、アプリのショートカットリストが表示されます。ショートカットを追加すると、便利に素早くアプリを起動し、VPNに接続している時はいつでもExpressVPNから直接ウェブサイトを開けます。

ショートカットに関する詳細はこちらをご確認ください

ExpressVPNに接続しています。

注意: ひとつのExpressVPNサブスクリプションで、プラットフォームに関係なく、同時に5台のデバイスを接続できます。ひとつのサブスクリプションで、5台以上のデバイスに接続しようとすると、次のような画面が表示されます。

同時に5台以上のデバイスに接続しようとすると、「接続制限に達しました。」と画面に表示されます。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


VPNサーバーロケーションからの切断

VPNサーバーから切断するには、VPN接続中に Onボタン。をクリックします。

Onボタンをクリックして切断します。

「未接続」メッセージが表示されたら、切断されたことが分かります。

ExpressVPNに接続していません。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


別のVPNサーバーロケーションの選択

異なるサーバーロケーションに接続するには、さらにあるアイコン。 をクリックしてVPNロケーションリストにアクセスします。

ロケーションピッカーをクリックします。

サーバーロケーションに接続するには、ロケーションをダブルクリックします。

VPNロケーションの機能リストは、推奨、すべて、最近の接続先があります。

推奨タブは、ExpressVPNが最適な接続先と判断したロケーションを表示します。

ExpressVPNアプリ上の「推奨」タブ。

すべてのタブは、地域ごとのVPNサーバーロケーションをリストしています。"Right" icon. および「ダウン」アイコン。をクリックしてリストを展開、非表示にできます。

ExpressVPNアプリ上の「すべて」タブ。

最近の接続先タブには、2つのセクションがあります。「最近の接続先」には、直近に接続した3つのロケーションが表示されます。「お気に入り」は、ロケーション名の隣にある「星」アイコン。をクリックすると、お気に入りとして保存したロケーションを表示します。

ExpressVPNアプリ上の「最近」タブ。

検索バーを使って、接続したいロケーションを検索することもできます。検索バーの中にサーバーロケーション名を入力し、検索結果に表示されたサーバーロケーションをダブルクリックして接続します。

最近接続したロケーションを検索。

選択したサーバーロケーションから切断した後、スマートロケーションをクリックすると、最適な接続先を推奨するスマートロケーションを開くことができます。

スマートロケーションをクリック。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


別のVPNプロトコルへの切り替え方法

重要: 他のプロトコルに切り替える前にVPNを切断してください。

VPNプロトコルは、デバイスをVPNサーバーに接続する方法です。最適な体験を得るためには、ExpressVPNは自動プロトコルオプションの使用をおすすめします。これはデフォルトで選択されており、お使いのネットワークに最も適切なプロトコルを自動で選択します。

別のプロトコルに切り替えることで、より速い接続速度を獲得できる場合があります。

VPNプロトコルを切り替えるには、Menu icon.をクリックし、環境設定…をクリックします。

「環境設定」をクリック。

プロトコルタブをクリックし、使用したいプロトコルを選択します。

使用したいプロトコルを選択します。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


トラッカーと悪意あるサイトをブロック

ExpressVPNのThreat Manager機能を使用すると、ユーザーのことに関して企業が知っていることや、ユーザーがオンラインで行っていることに対してもっとコントロールできるようになります。

アクセスする多数のアプリやウェブサイトは、記録を保持して、トラッカー、詐欺師、マルウェアサイトなどの第三者企業とユーザーの活動を共有します。この情報は、通常はユーザーの知識や許可なく、よりターゲットを絞った広告やコンテンツを提供するために使用されます。

Threat Managerは、お使いのデバイスでアクセスするすべてのアプリやウェブサイトが、弊社のブロックリストにある第三者企業との通信をすることを防ぎます。

Threat Managerを有効/無効にする方法。

  1. 必ずVPNに接続し、自動またはLightwayプロトコルを使用しているようにしてください。
  2. メニューアイコン。 > 設定… > Threat Managerをクリックします。
  3. トラッカーと悪意あるサイトをブロックのボックスにチェックを入れる/チェックを外します。
    「トラッカーと悪意あるサイトをブロック」のオン/オフを切り替えるトグルを表示しているウィンドウ。”
  4. 再接続をクリックして、変更を適用します。

ExpressVPNの Threat Managerに関する詳細をお読みください。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


ExpressVPNアプリへのショートカット追加方法

ショートカット機能は、VPNに接続した後、ExpressVPNのホーム画面に表示されます。(最初の接続では表示されませんが、2回目以降の接続時に表示されます。)

ショートカットを追加すると、便利に素早くアプリを起動し、VPNに接続している時はいつでもExpressVPNから直接ウェブサイトを開けます。ストリーミングサービスやソーシャルメディアネットワークなど、いくつかのお気に入りのサイトに、VPN接続後に頻繁に訪問しているのであれば、 ショートカットを追加することで、デバイスのホーム画面に戻ったり、ブラウザでサイトを探す時間を短縮することができます。

ExpressVPNに接続しています。

アプリやウェブサイトを起動するには、そのアイコンをクリックします。

ショートカットが5つ以下の場合は、メイン画面の追加アイコン。をクリックして、ショートカットを追加できます。

画面左上隅のメニューアイコン。をクリックし、環境設定 > ショートカットを選択すると、ショートカットを追加、または削除できます。

ショートカットを追加するには、「追加」アイコン。をクリックします。

「プラスサイン」をクリックしてショートカットを追加します。

アプリのショートカットを追加またはウェブサイトリンクを追加を選択して続けます。

ショートカットを削除するには、削除するショートカットを選択し、「削除」アイコン。をクリックします。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


デバイス起動時にExpressVPNを起動して接続する方法

Mac起動時に、ExpressVPNを起動して接続するには次の手順に従ってください:

  1. ExpressVPNアプリで、メニューアイコン。をクリックし、環境設定 > 一般をクリックします。
  2. 起動時の下で、起動時にExpressVPNを起動して最後に接続したVPNロケーションに接続するボックスをクリックします。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


VPN速度テスト使用方法

VPN速度テストを使用するには、VPNから切断する必要があります

メニューアイコン。をクリックして速度テストを開きます。

「速度テスト」をクリックします。

速度テスト画面で、テストを実行をクリックします。テストは数分で完了します。

テストが完了したら、最もスピードインデックスが高く、遅延が遅く、ダウンロード速度の高いロケーションを選択します。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


スプリットトンネル機能の使用方法

重要: スプリットトンネル機能はmacOS 11以降では利用できません。

スプリットトンネル機能を使うと、ExpressVPN接続時にどのアプリでVPNを使用するのかを選択できます。

重要: スプリットトンネル設定を変更するには、VPNから切断されている必要があります。

スプリットトンネルの設定を変更するには、メニューアイコン。をクリックし、環境設定…を開きます。

スプリットトンネルセクションのボックスをチェックし、設定をクリックします。

「スプリットトンネリング」の隣の「設定」をクリックします。

ここから別のスプリットトンネルオプションを選択できます。下のリストを拡張して、各オプションの詳細を確認しましょう。

VPNを使用するすべてのアプリ

このオプションを選択すると、ExpressVPNに接続したときにすべてのアプリでVPNを使用することができます。

スプリットトンネルメニューで、VPNを使用するすべてのアプリを選択し、それからOKをクリックします。

「すべてのアプリでVPNを使用」を選択して「OK」をクリックします。

(このオプションを選択することで、のステップでスプリットトンネルのチェックを外したことと同じことになります。)

選択したアプリでVPNの使用を許可しない

このオプションでは、ExpressVPNに接続しているときに、特定のアプリがVPNを使用しないように設定することができます。VPNを使用しないアプリを選択するには、選択したアプリでVPNの使用を許可しないを選択し、「追加」アイコン。をクリックします。

「選択したアプリでVPNの使用を許可しない」を選択してから、「プラスサイン」をクリックします。

VPNの使用から除外したい各アプリの隣のボックスをチェックし、アプリケーションを選択をクリックします。

「アプリケーション選択」をクリックします。

OKをクリックします。

「OK]をクリックします。

ExpressVPNに接続している時に、選択したアプリを除くすべてのインターネットトラフィックでVPNを使用します。

VPNを使用するアプリのみ許可する

このオプションでVPNを使用する特定のアプリを選択できます。

どのアプリでVPNを使用するかを選択するには、選択したアプリでのみVPNを使用するを選択して、「追加」アイコン。をクリックします。

「選択したアプリでのみVPNを使用する」を選択してから「プラスサイン」をクリックします。

VPNで保護したい各アプリの隣のボックスをチェックし、アプリケーションを選択をクリックします。

「アプリケーションを選択」をクリックします。

OKをクリックします。

Macでスプリットトンネルを有効化

重要: 下記のインストラクションは、macOS Catalina (10.15.12)ユーザー向けです。

このセクションの上記の手順に従ってください。プロンプトが表示されたら、システム環境設定を開くをクリックします。

「システム環境設定を開く」をクリックします。

「システム拡張機能がブロックされました」と表示されたら、OKをクリックします。

「OK」をクリックして、システム拡張機能を有効にします。

システム環境設定で、デベロッパー”ExpressVPN LLC”からのシステムソフトウェアのローディングがブロックされましたの隣の、許可をクリックします。変更するには、「ロック」アイコン。をクリックし、パスワードを入力する必要がある場合があります。

セキュリティとプライバシーメニューで「許可する」をクリックします。

これで、ExpressVPNアプリに戻って、スプリットトンネルの設定を変更することができます。

詳細: スプリットトンネル機能について詳しく知る

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


メインアプリインターフェースを使ってExpressVPNを操作したくない場合、メニューバーから操作することもできます。画面上部のMacメニューバーにExpressVPNステータスメニューがあり、メインアプリ画面のほぼすべての機能にアクセスすることができます。

メニューバーからのみアプリを操作する方法:ExpressVPN logo.から、環境設定…をクリックします。

「環境設定」をクリックします。

詳細タブでメニューバー& Dockをクリックします。

詳細タブでメニューバーとDockを選択します。

この手順を繰り返すことで、メニュバーとDockの両方、メニューバーだけ、Dockだけの中からExpressVPNを使用する方法を選択できます。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


ExpressVPNブラウザ拡張機能の使用方法

アプリで、メニューアイコン。をクリックし、「設定」アイコン。環境設定…を選択します。次に、ブラウザタブを開き、ブラウザ拡張機能を追加をクリックし、ページ上の指示に従ってください。

「ブラウザ拡張機能を入手」をクリックします。

重要: ExpressVPNブラウザ拡張機能はExpressVPNアプリ無しでも使用できます。

ExpressVPNブラウザ拡張機能について詳しく知る

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


ローカルエリアネットワークでのプリンタへのアクセスとフォルダの共有

VPN接続中に、共有フォルダへのアクセスや、LAN上でのプリンタへのアクセスに問題が発生する場合があります。

インターネットアクセス、プリンター、地域ネットワーク(LAN)共有フォルダーに関する問題のトラブルシューティング

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


ExpressVPN Macアプリの言語変更

macOS 10.15またはそれ以降をお使いであれば、ExpressVPNアプリの言語を変更することができます。

注意: この機能をサポートしていない以前のmacOSをお使いの場合には、幅広い言語選択を提供しているChromeFirefoxEdgeのブラウザ拡張機能を使用することができます。

お使いのMacで、システム環境設定 > 言語 & 地域に移動します。

アプリをクリックしますその後「追加」アイコン。をクリックします。

アプリケーションExpressVPNを選択します。言語はお好みの言語を選択してください。追加をクリックします。

言語を選択して「追加」をクリックします。

ExpressVPNの再起動を促されます。今すぐ再起動をクリックします。

「今すぐ再起動」をクリックします。

今後、選択した言語でExpressVPNを使用することができます。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


VPNアプリをアンインストールする方法

お使いのMacからExpressVPNをアンインストールするには、まずアプリを終了する必要があります。

Applications > Utilities > Terminalを開きます。

次の操作を行います /Applications/ExpressVPN.app/Contents/Resources/uninstall.tool

yesと入力し、パスワードを入力して、パソコンからアプリを削除することに同意します。

Terminalを閉じます。これで、ExpressVPNがパソコンから削除されました。

ユーザー名とパスワードを入力して、ExpressVPNアプリを削除します。

 

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る

この記事は役立ちましたか?

We're sorry to hear that. Let us know how we can improve.

A member of our Support Team will follow up on your issue.