IPアドレスを隠す

ExpressVPNのような安全なVPNプロキシサービスでどのように、いつ、なぜIPアドレスを隠す必要があるのかについての完全ガイド。2分以内でアクセス場所を隠し、プライバシーを保護し、自由を取り戻せます。

ExpressVPNを購入 IPとは?

IPアドレスを隠す方法

IPアドレスを隠すのに必要なものは、安全なVPN (バーチャル・プライベート・ネットワーク)だけです。VPNは、インターネットに接続する際に実際のIPアドレスを異なるIPアドレスに書き換え隠します。

ステップ1:

「Get ExpressVPN」アイコン付きのコンピュータ

世界最速VPN、ExpressVPNに登録

ステップ2:

VPNサーバーロケーションを示した地球

お好きなサーバーロケーションに接続。

ステップ3:

匿名でコンピュータを閲覧する女性

世界中どこからでもIPアドレスを隠しながらインターネットに接続できます!


共有IPアドレスを持つことは役に立つの?

インターネットに接続するためにVPNを使う場合、VPNはトンネルとして知られる暗号化された接続をデバイスとインターネットの間に確立します。VPNは、トンネル接続中に実際のIPアドレスを違うIPアドレスに書き換え隠します。この新しいIPアドレスは他の何千ものVPNユーザーと共有されるため、第三者がユーザーのインターネット活動を追跡するのは事実上不可能となります。

VPNを使用すると、実際のIPアドレスはVPNで隠され、アクセス場所、身元、オンライン活動内容をIPアドレスから特定しようとする第三者から保護されます。

「IPを隠す」とは?

インターネットに接続するすべての人がパブリックIPアドレスを有しています。そして、インターネットに接続する度にアクセスするすべてのウェブサイト、アプリ、サービスにIPアドレスをシェアしています。

公開されたIPでのインターネット接続

しかしVPNプロキシを使用すると、ウェブサイト、アプリ、サービスはユーザーが使用するデバイスのIPアドレスではなく、VPNプロキシサーバーのパブリックIPアドレスを見ることになります。これが、「IPを隠す」または「IPを変更する」という意味です。

VPNはオンライン上で個人のIPアドレスを隠す

ウェブサイト、アプリ、サービスはIPアドレスが隠されたり、変更されたことにさえ気づきません。彼らの視点からは、自分のサイトを見ている人は単に匿名のインターネットユーザーにすぎないのです。

なぜIPを隠す必要があるの?

IPアドレスにはたくさんの個人情報が含まれます。IPアドレスを隠さない場合、アクセス場所身元活動内容などを想像以上に公開することになり、第三者がオンラインエクスペリエンスを制御するのを許すことになります。

IPを隠す=アクセス場所を隠す

街から南国に帰られたIPアドレス

IPアドレスは、よく物理的な場所に密接に結びついています。第三者がユーザーのパブリックIPアドレスを知った場合、ユーザーが現在どこにいるのか大体把握できてしまいます。

人によって、これが非常に便利になったり、または非常に危険になります。どちらにしても、多くの人はアクセス場所を公開する相手や場合を選択したいと思います。そして、許可なくアクセス場所が公開されるのを不快に思うことでしょう。

ExpressVPNを使用すると、IPアドレスを全世界94ヶ国、148箇所にある安全なVPNのIPアドレスに書き換えることができ、再び思いのままにインターネットを楽しめます。

IPを隠す=身元を保護する

VPNで隠された女性の身元

インターネット上の各デバイスは固有のパブリックIPアドレスを有するため、IPアドレスを使用してデバイスを一意に識別することもできます。これにより、ウェブサイト、サービス、またはアプリが特定のインターネット活動を特定の人物にリンクさせることが比較的容易になります。

これは、ユーザーを追跡したい人や企業にとっては非常に便利ですが、個人のプライバシー権を信じるユーザーにとっては全くそうではありません。第三者に訪問したウェブサイト、ダウンロード内容、会話の相手などを知られたくない場合は、IPを隠す必要があります。

IPを隠す=自由を取り戻す

手のストップサインがグッドサインに変わる

ウェブサイト、アプリ、サービスにIPアドレスを知られると、アクセス場所や身元情報を元にエクスペリエンスを制限される可能性があります。しかし、IPアドレスを変えることで、ユーザーは欲しいエクスペリエンスを好きなだけ楽しむことができます。

Wi-Fiネットワークオペレーター、インターネットサービスプロバイダ、さらには政府機関などの第三者がIPアドレスを使用してブロックリダイレクト、またはウェブ活動を検閲することもあります。異なるIPアドレスを使用してVPN経由でトラフィックをプロキシすることで、検閲を無効にし、自由を取り戻すことができます。

VPNやプロキシでIPを隠すべき?

一部の「プロキシ」サービスは、VPNのセキュリティ上の利点なしに「IPアドレスを隠す」機能を提供しています。匿名のプロキシサービス、特に自らを「無料プロキシ」として宣伝しているものにトラフィックを送る場合、注意が必要です。

無料プロキシは、IPアドレスを無料で隠すかもしれませんが、トラッカーや広告、その他のマルウェアからトラフィックをマネタイズする可能性があります。

一般的にプロキシサービスは、セキュリティ上の利点やプレミアムVPNサービスが提供するその他の機能に欠けています。ExpressVPNと無料プロキシでIPアドレスを隠す場合の違いをご確認ください:

ExpressVPN プロキシ
IPアドレスを隠す
256ビットのAES暗号化
94ヶ国、148ヶ所のサーバーロケーション
Network Lock/キルスイッチ
活動ログなし、接続ログなし
年中無休24時間体制のライブチャットサポート

すべてのデバイスでIPアドレスを隠す方法

ExpressVPNアプリを搭載したデバイス

デスクトップ&モバイル:

ウェブブラウザ:

ゲーム機:

またはWi-Fiネットワーク全体を保護できるルーター版ExpressVPNをお試しください。

ご使用のデバイスが見つかりませんか?幅広い種類のデバイスでIPアドレスを隠すための手動設定方法をExpressVPN設定ガイドからご確認ください。

なぜIPを隠すのにExpressVPNが最適なの?

IPアドレスを隠す方法は他にもたくさんありますが、ExpressVPNだけがセキュリテイ機能の包括的なセットを有し、プライバシー保護に向けた積極的な取り組みを行なっています。

ExpressVPNは、プライバシー研究所に専任のセキュリティエンジニアを雇用し、DNSWebRTC漏れテストを含むプライバシーに対する新たな脅威を常に調査しています。

デジタルプライバシーとセキュリティの改善に関する最新動向についての情報をExpressVPNのブログで随時ご確認ください。

ExpressVPNを購入

Share
Hide
Facebook
Twitter
Google+
LinkedIn
Reddit
WhatsApp
Telegram
Email