公共のWi-Fiを安全に使う方法

規制が緩和されたことで、近所のレストランや遠方の旅行先など、多くの人が移動するようになりました。

しかし、だからといって、デバイスに釘付けになったり、無料Wi-Fi探しをやめたわけではないでしょう(関連記事:スクリーンタイムを制限する方法)。 カフェやホテルモール、その他の公共の場所などでWi-Fiを利用しなければならない時には、用心しましょう。

公共Wi-Fiのセキュリティリスク

公共のWi-Fiネットワークは、セキュリティが確保されていないオープンなネットワークであることが多いため、これらのネットワークを介した接続が特に影響を受けやすい様々な種類のサイバー攻撃があります。これらの攻撃により、第三者にオンラインで何をしているかが知られ、パスワードや銀行情報などの機密情報が盗まれる可能性があります。

公共のWi-Fiホットスポット利用時にはご用心

1. VPNの使用

もっとも簡単の解決方法は、トラフィックを暗号化し、盗み見から隠し、アクティビティをプライベートに保つことのできるVPNを使うことです。 

2. 銀行アカウントへのアクセスは避ける

オンラインでアクセスするアカウントの中で最も機密性が高いのは、銀行やその他の金融サービスでしょう。公共のWi-Fiを使ってこれらのアカウントにログインしないことをお勧めします。

3. ウィルス対策ソフトを使う 

ウイルス対策ソフトは、不審なネットワークに入ったときや、不審な活動が検出された時に、しばしば警告を発します。また、パッチが適用されていないシステムや古いシステムからデバイスを守ります。 

4. パスワードマネージャーやクラウドバックアップを開かない 

公共Wi-Fiの使用時に、オンラインバンキングへのアクセスを避けるべきであるとお伝えしましたが、パスワードマネージャーやクラウドバックアップなど大切なアカウントへのログインが必要となるサイトでも同様です。

5. LANを介して接続

セキュリティの観点から言えば、イーサネットケーブルを使用すると接続の安全性が高まります。イーサネット経由でデバイスを攻撃するには、ハッカーがそのケーブルやルーターにアクセスする必要があるため、Wi-Fiのトラフィックを傍受するほど簡単ではありません。ホテルなどでインターネットを利用する際に不安がある場合は、ノートパソコン用のイーサネットケーブルを持参しましょう。

リンクに記載されている記事の一部は翻訳されず、元の言語のままであることをご了承ください。

ExpressVPN is dedicated to your online security and privacy. Posts from this account will focus on company news or significant privacy and security stories.