Get ExpressVPN on your router.
ルーターにVPNが必要ですか?
今すぐExpressVPNを購入する
Refer a friend to use ExpressVPN.
ExpressVPNを気に入りましたか?1ヶ月の無料サービスを獲得しよう
今すぐ友達に紹介

このチュートリアルでは、旧式のファームウェアを使うモデルも含めた、L2TPプロトコルのTP-LinkルーターでVPNを設定する方法をご紹介します。

手動構成接続では、すべてのExpressVPNロケーションが利用できるわけではありません。

重要:L2TPは暗号化を提供しません。匿名化やロケーション変更のためだけに使用するようにしてください。インターネット検閲レベルが高い国にいる場合、VPN接続をもっと安定させるために、ExpressVPNアプリを使用することをおすすめします。

このガイドの手順は、TL-R600VPN と AC1750 Archer C7 モデルでテストされました。L2TP設定は、すべてのTP-Linkルーターモデルに使えるわけではありません。

その上、一部のTP-LinkルーターはExpressVPNのサーバー名の代わりに、IPアドレスのみ許可します。ExpressVPNはそれらのルーターの設定のためにIPアドレスを提供できません。特定のTP-Linkルーターモデルで設定が困難な場合には、即座に手助けできるExpressVPNサポートチームにお問い合わせください

ご注意:動画で使用されているルーターは 、TP-Link AC1750 Archer C7です。

開始前にデフォルトのインターネット設定のメモを取りたいかも知れません。 これは、VPNを必要としない時に元のインターネット設定に戻るのに役立ちます。

移動先…

1. 自分のExpressVPNアカウント証明書を見つける
2. VPNでTP-Linkルーターを構成する
VPNサーバーから切断する


1. 自分のExpressVPNアカウント証明書を見つける

ExpressVPN設定ページにアクセスします。プロンプトされたら、ExpressVPN証明書を入力して、サインインをクリックします。

Enter your account credentials, then click "Sign In."

ご利用のメールアドレスに送信された認証コードを入力します。

右側の2TP/IPsecを選択します。

Click "L2TP/IPsec."

これで、ユーザー名パスワード、世界中のサーバーアドレスリストが表示されます。

This will show you your username, password, and a list of server addresses around the world.

このブラウザウィンドウを開いたままにします。後ほど、設定のためにこの情報が必要となります。

ヘルプが必要ですか?即座に手助けできるExpressVPNサポートチームにお問い合わせください

トップに戻る


2. VPNでTP-Linkルーターを構成する

それぞれのTP-Linkルーターリンクバージョンに、独自のユーザーインターフェースがあります。

ご使用のファームウェアバージョンに関連するユーザーインターフェースを見つけるためには、ウェブブラウザに192.168.0.1を入力して、ご自分のユーザー名とパスワードでログインします。その後に、下記でご使用のユーザーインターフェースに合う適切なセクションを参照します。

ご注意:ご使用のTP-Linkルーターが TL-WR940N (c 3.16.9 Build 150312 Rel.59597n) などの旧式のファームウェアで実行している場合には、旧式のファームウェアで設定する手順を参照してください。

ブラウザアドレスバーに、ルーター管理パネルのIPアドレスを入力します。デフォルトでは、192.168.0.1となっています。(以前ルーターのIPアドレスを変更していて覚えていない場合には、 デバイス設定で見つけることができます。)

ルーターのユーザー名とパスワードでログインします。(デフォルトでは両方ともadminです。)

ページ上にある詳細タブをクリックします。

サイドバーで、ネットワーク > インターネットに移動します。

Select "Internet."

インターネット接続タイプL2TPに設定します。

次の情報を入力します。

  • ユーザー名:あらかじめ見つけた手動構成ユーザー名を貼り付けます。
  • パスワード: あらかじめ見つけた手動構成パスワードを貼り付けます。
  • VPNサーバー IP/ドメイン名:あらかじめ見つけた手動構成サーバーアドレスを貼り付けます。

2番目の接続動的IPを設定します。

Set the Secondary Connection to "Dynamic IP."

MTUサイズ1460のままにします(デフォルト)。

接続モード手動に設定します。

最大アイドル時間0分に設定します。

接続をクリックします。

Click "Connect" and "Save."

保存をクリックして、すべての設定を保存します。

重要:接続完了を待つ必要があります。「接続」をクリック後、スクロールアップして、IPアドレスとプライマリアドレスが0.0.0.0を表示していないことをご確認ください。両方のフィールドが0.0.0.0を表示していない時に限り、インターネットにアクセスできます。

VPNでLP-Linkルーター(旧式ファームウェア)を構成する

ブラウザのアドレスバーに、ルーター管理パネルのIPアドレスを入力します。デフォルトでは、192.168.0.1となっています。(以前ルーターのIPアドレスを変更していて覚えていない場合には、 デバイス設定で見つけることができます。)

ルーターのユーザー名とパスワードでログインします。(デフォルトでは両方ともadminです。)

サイドバーで、ネットワーク > WANをクリックします。

WAN接続タイプL2TP/Russia L2TPに設定します。

Set the WAN Connection Type to "L2TP/Russia L2TP".

次の情報を入力します。

  • ユーザー名:あらかじめ見つけた手動構成ユーザー名を貼り付けます。
  • パスワード: あらかじめ見つけた手動構成パスワードを貼り付けます。
  • パスワードの確認:同じ手動構成パスワードをもう一度貼り付けます。
  • VPNサーバー IP/名:あらかじめ見つけた手動構成サーバーアドレスを貼り付けます。

2番目の接続動的IPを設定します。

Set the Secondary Connection to "Dynamic IP."

MTUサイズ1460のままにします(デフォルト)。

最大アイドル時間0分に設定します。

接続モード手動接続に設定します。

Set the Connection Mode to "Connect Manually."

接続保存をクリックします。

Click "Connect" and "Save."

ヘルプが必要ですか?即座に手助けできるExpressVPNサポートチームにお問い合わせください

トップに戻る


VPNサーバーから切断

VPNサーバーから切断するためには、詳細タブをクリックします。

サイドバーで、ネットワーク > インターネットに移動します。

ページの下のあたりにある切断をクリックします。

ヘルプが必要ですか?即座に手助けできるExpressVPNサポートチームにお問い合わせください

トップに戻る

この記事は役立ちましたか?

We're sorry to hear that. Let us know how we can improve.

Which router model do you need help with?

Examples: Linksys WRT1200AC, Asus RT-AC56R

A member of our Support Team will follow up on your issue.