Get ExpressVPN on your network-attached storage.
デバイスにVPNが必要ですか?
今すぐExpressVPNを購入する
Get started with ExpressVPN.
ひとつのExpressVPNアカウントで全デバイスに対応
無料アプリを入手

このチュートリアルでは OpenVPNを使ったSynologyでのVPN設定方法をご紹介します。SynologyにExpressVPNを設定する前に、Synologyを設定して、 IPv6をオフにする必要があります。

すべてのExpressVPNロケーションで手動設定接続ができるわけではありません。

重要:OpenVPN手動構成は、ExpressVPNアプリと同じセキュリティとプライバシーのメリットを提供しません。お使いのルーターがAES-NI(たとえば、Asus RT-AC86U)に対応していない場合、OpenVPN手動設定使用中に、速度の問題を経験することがあるかもしれません。インターネット検閲レベルが高い国にいる場合、VPN接続がさらに安定するようにExpressVPNアプリを使用することをおすすめします。
重要:OpenVPN 2.6実行中に、「–keysize is DEPRECATED」という警告が表示される場合があります。これは、ExpressVPNが .ovpnファイルに keysizeオプションがあるためです。この警告メッセージは、OpenVPN 2.6が単にこの行を無視するため、VPNの機能に影響は ありません

この警告を解除したい場合は、.ovpnファイルをテキストエディタで開き、以下のいずれかの操作を行ってください。

  1. keyizeを含む行を削除する
    or
  2. keyizeの前に # を追加する (#keysize 256).

なお、この警告は無視しても問題はありません。

目次

1. ExpressVPNアカウント資格情報を見つける
2. SynologyでIPv6をオフにする
3. VPNプロフィールの作成
4. VPNサーバーロケーションに接続
VPNサーバーロケーションから切断


1. ExpressVPNアカウント資格情報を見つける

ExpressVPN設定ページ setup pageに移動します。プロンプトが表示されたら、ExpressVPN資格情報を入力してサインインをクリックします。

ExpressVPN資格情報を入力してから「サインイン」をクリックします。

メールアドレスに送信された認証コードを入力します。

OpenVPNがすでに選択されていれば、右側でユーザー名パスワードOpenVPN構成ファイルリストが表示されます。

OpenVPNをすでに選択している場合には、ユーザー名、パスワード、OpenVPN構成ファイルが表示されます。

.ovpnファイルをダウンロードするために、ご希望のロケーションをクリックします。

このブラウザを開いたままにしておきます。あとから設定でこの情報が必要となります。

ヘルプが必要ですか? ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


2. SynologyでIPv6をオフにする

IPv6をオフにすると、VPNトンネルの外にIPv6トラフィックが漏れることを防ぎます。

IPv6をオフにするためにはコントロールパネル > ネットワークに移動します。

「コントロールパネル」に移動して「ネットワーク」を選択します。

ネットワークインターフェース > LANをクリックします。編集をクリックします。

「LAN」をクリックしてから、「編集」をクリックします。

編集メニューでIPv6をクリックします。IPv6設定オフを選択します。 

IPv6設定で「オフ」を選択します。

OKをクリックします。次にSynologyを再起動します。

ヘルプが必要ですか? ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


3. VPNプロフィールの作成

新しいVPNプロフィールを追加するためには、コントロールパネル > ネットワーク > ネットワークインターフェースに移動します。

作成 > VPNプロフィールを作成をクリックします。

「VPNプロフィール作成」をクリックします。

VPN接続方法画面で、OpenVPN (.ovpnファイルインポートを介して)を選択してから次へをクリックします。

Select “「.ovpnファイルインポートを介したOpenVPN」を選択します。

一般設定画面で以下のことを入力します。

  • プロフィール名:VPN接続認識に役立つ名前を入力します。ロケーション名(たとえば「ExpressVPN LA」など)を入力すると役立つかもしれません。
  • ユーザー名:先に確認したユーザー名を入力します。
  • パスワード:先に確認したExpressVPNパスワードを入力します。
  • .ovpnファイルのインポート:先に確認したOpenVPN構成ファイルをアップロードします。
  • CA 証明書:空欄にしておきます。

次へをクリックします。

OpenVPN接続の一般設定を指定します。

リモートネットワークのデフォルトゲートウェイを使用VPN接続が切断された時に再接続のボックスにチェックを入れます。

ネットワーク上の他のデバイスでSynologyのインターネット接続を介して接続したい場合には、他のネットワークデバイスを許可するのボックスにチェックを入れます。

適用するをクリックして続けます。

「適用する」をクリックして、OpenVPN設定を続けます。

ヘルプが必要ですか? ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


4. VPNサーバーロケーションに接続

これでネットワークインターフェースウィンドウで新しいVPNプロフィールが表示されます。作成したVPNプロフィールを選択してから、接続をクリックします。

「接続」をクリックします。

VPNに接続されたら、プロフィール名の下に「接続済み」という文字が表示されます。

VPNに接続されたら、「接続済み」という文字が表示されます。

ヘルプが必要ですか? ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る


VPNサーバーロケーションから切断

VPNサーバーから切断するためには、 コントロールパネル > ネットワーク > ネットワークインターフェースに移動します。VPNプロフィールをクリックしてから、切断をクリックします。

「接続」をクリックします。

ヘルプが必要ですか? ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう

トップに戻る

この記事は役立ちましたか?

We're sorry to hear that. Let us know how we can improve.

What device do you need help with?

Examples: Android, Windows, Linksys router

A member of our Support Team will follow up on your issue.