Get ExpressVPN on Windows.
WindowsにVPNが必要ですか?
今すぐExpressVPNを購入する
Refer a friend to use ExpressVPN.
ExpressVPNを気に入りましたか?1ヶ月の無料サービスを獲得しよう
今すぐ友達に紹介

このチュートリアルでは、OpenVPNのGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)を使用して、WindowsでExpressVPNを設定する方法を紹介します。

OpenVPN GUIは、Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 10でOpenVPNプロトコルを実行するための無料のグラフィカル・フロントエンドです。

注意:以下の手順はWindows 10で検証したもので、他のバージョンのWindowsにも適用可能です。

手動構成接続では、すべてのExpressVPNロケーションが利用できない場合があります。VPNロケーションの全リストを使用するには、アプリの設定をご利用ください。

アプリでの設定したいですか?Windows 7以上のアプリでの設定インストラクションをご覧ください。

重要:OpenVPNの手動設定は、ExpressVPNアプリのようなセキュリティとプライバシーの利点を提供するものではありません。インターネット検閲の多い国にお住まいの方には、より安定したVPN接続を実現するためにExpressVPNアプリの利用をお勧めします。

目次

1. 自分のExpressVPNアカウント証明書を見つける
2. OpenVPN GUIをダウンロードしてインストール
3. OpenVPN GUIを設定する
4. DNS漏洩保護を設定する
5. VPNサーバーロケーションに接続する
VPNサーバーロケーションから切断する


1. 自分のExpressVPNアカウント証明書を見つける

ExpressVPN設定ページを開きます。プロンプトが表示されたら、ExpressVPN資格情報を入力してサインインをタップします。

ExpressVPN資格情報を入力して「サインイン」をタップします。

メールで送信された認証コードを入力します。

右側で、OpenVPNがすでに選択され、ユーザー名パスワード、そしてOpenVPN構成ファイルのリストが表示されているのを確認できます。

OpenVPNがすでに選択され、ユーザー名、パスワード、そしてOpenVPN構成ファイルのリストが表示されているのを確認できます。

.ovpnファイルのダウンロード先をクリックします。

このブラウザ画面は開いたままにしておきます。後の設定でこの情報が必要になります。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう。

トップに戻る


2. OpenVPN GUIをダウンロードしてインストール

お使いのWindowsオペレーティングシステムに最適なOpenVPN GUIをダウンロードします。

お使いのWindowsオペレーティングシステムに最適なOpenVPN GUIをダウンロードします。

注意:Windows XPをお使いの場合には、OpenVPN 2.3.18をダウンロードしてください。

Windows XPをお使いの場合には、OpenVPN 2.3.18をダウンロードしてください。

OpenVPN GUIインストーラー.exeファイルを開きます。

OpenVPNインストーラーがデバイスを変更することを許可するように尋ねるプロンプトが表示されたら、はいをクリックします。

OpenVPNインストーラーがデバイスを変更することを許可するように尋ねるプロンプトが表示されたら、はいをクリックします。

次へをクリックして、インストールを開始します。

「次へ」をクリックして、インストールを開始します。

使用許諾契約書を読み、同意するをクリックします。

「同意する」をクリックします。

コンポーネントの選択画面で、次へをクリックします。

「次へ」をクリックします。

インストール先の選択画面で、インストールをクリックします。

「インストール」をクリックします。

インストールが完了したら、次へをクリックします。

次へをクリックします。

OpenVPNがパソコンにインストールされたら、お読みくださいのチェックを外し、終了をクリックします。

終了をクリックします。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう。

トップに戻る


3. OpenVPN GUIを設定する

デスクトップで、OpenVPN GUIのショートカットを右クリックし、ファイルの場所を開くをクリックします。

「ファイルの場所を開く」をクリックします。

ナビゲーションバーで、OpenVPNをクリックし、1つ上のディレクトリに移動します。

「OpenVPN」をクリックします。

configフォルダをダブルクリックします。

configフォルダをダブルクリックします。

先ほど取得したOpenVPNの設定ファイルをconfigフォルダに移動します。

先ほど取得したOpenVPNの設定ファイルをconfigフォルダに移動します。

管理者による許可を求められたら、続行をクリックします。 続行をクリックします。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう。

トップに戻る


4. DNS漏洩保護を設定する

オンライン活動の漏洩を防ぐには、設定ファイルを編集してDNS漏洩を防ぐことができます。

configフォルダで、OpenVPN構成ファイルをダブルクリックします。メモ帳やテキストエディタで開きます。

既存のテキストは変更しないでください。一番下までスクロールし、新しい行を追加して、以下を貼り付けます。

block-outside-dns

Add “block outside dns.”

ファイルを保存し、テキストエディタを閉じます。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう。

トップに戻る


5. VPNサーバーロケーションに接続する

デスクトップ上のOpenVPN GUIのショートカットを右クリックし、管理者として実行を選択します。

OpenVPN GUIショートカットを右クリックし「管理者として実行」を選択します。

OpenVPNがデバイスで変更を行うことを許可するよう尋ねるプロンプトが表示されたら、はいをクリックします。

Windows版OpenVPNがデバイスで変更を行うことを許可するよう尋ねるプロンプトが表示されたら、はいをクリックします。

OpenVPN GUIのアイコンがシステムトレイに追加されました。

簡単にアクセスできるようにするには、"Up" icon.をクリックして、OpenVPN GUIアイコンをシステムトレイにドラッグします。

OpenVPN GUIのアイコンがシステムトレイに追加されました。

OpenVPN GUIのアイコンを右クリックします。以前に追加したすべてのVPNサーバーロケーションのリストが表示されます。ご希望のVPNサーバーロケーションにカーソルを合わせ、接続をクリックします。お好みのVPNサーバーロケーション上で接続をクリックします。

先ほど確認したのExpressVPN OpenVPNのユーザー名とパスワードを入力し、OKをクリックします。

先ほど確認したのExpressVPN OpenVPNのユーザー名とパスワードを入力し、OKをクリックします。

ExpressVPNへの接続に成功すると、接続成功のメッセージが表示されます。

ExpressVPNへの接続に成功すると、接続成功のメッセージが表示されます。

別のVPNサーバーロケーションに接続するには、現在の接続を切断してから別のサーバーロケーションに接続してください。

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう。

トップに戻る


VPNサーバーロケーションから切断する

VPNサーバーロケーションから切断するには、システムトレイのOpenVPN GUIアイコンを右クリックし、現在のVPNサーバーロケーションにカーソルを合わせて、切断をクリックします。

Click “Disconnect.”

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう。

トップに戻る

この記事は役立ちましたか?

We're sorry to hear that. Let us know how we can improve.

A member of our Support Team will follow up on your issue.