PPTP、L2TP、その他VPNプロトコルの総合ガイド

L2TP/IPsecとは?

L2TPは、Layer 2 Tunneling Protocolの略です。 L2TPは、L2F(Layer 2 Forwarding Protocol)とPPTP (Point-to-Point Tunneling Protocol)のアップグレードとして、1999年に最初に提案されました。L2TPは強力な暗号化および認証を提供しないため、IPsecと呼ばれる別のプロトコルがL2TPと一緒によく使用されます。

IPsecは、インターネットプロトコルセキュリティの略です。 IPsecは、エンドツーエンドのセキュリティのための非常に柔軟なプロトコルであり、特定の通信内の個々のIPパケットを認証して暗号化します。 IPsecは、インターネットのプロトコルスイートのインターネット層で幅広い使い道で使用されています。

L2TPとIPsecを一緒に使用すると、PPTP (Point-to-Point Tunneling Protocol)より断然安全ですが、少し遅くなります。

L2TPは、一部のファイアウォールがブロックするとされているUDPポート500を使用しているため、ファイアウォールに問題が発生することがあります。

メリット

PPTPより安全

デメリット

OpenVPNより遅い
場合によって、ファイアウォールにブロックされる

IKEv2とは?

IKEv2は、インターネット鍵交換バージョン2の略です。IKEv2は、厳密にはVPNプロトコルの名前ではありませんが、ExpressVPNアプリでは、1つの選択肢として扱われています。IKEv2は、IKEの代わりに、この新しく、セキュリティの高い鍵交換プロトコルを使用するL2TP/IPSecの実装を指します。

ExpressVPNは、OpenVPNまたはIKEv2プロトコルの使用を推奨します。L2TP/IPSecもデータを暗号化しますが、アタッカーはVPNセッションを解読できることがあります。

メリット

L2TP/IPsecより安全

デメリット

OpenVPNより遅い

IKEv2へのVPNの設定方法

その他のVPNプロトコル

どのVPNプロトコルが最適か分からない場合は、ExpressVPNアプリ が自動でユーザーのネットワークに最適なVPNプロトコルを選択します。

Share
Hide
Facebook
Twitter
Google+
LinkedIn
Reddit
WhatsApp
Telegram
Email