インターネット検閲とは?

インターネットを検閲する国に居住または旅行していますか?ExpressVPNを使うと、毎日のサービスや人気アプリへのアクセスに役立ちます。

YouTube、Google、Skype、Facebook、Snapchatなどのオンラインサービスのロゴ。

インターネット検閲とは?その目的は?

コンテンツとアプリへのアクセスがブロックされたノートパソコン。

インターネット検閲とは、インターネット上のコンテンツ抑制のことです。知識を制限するために政府が行う場合があります。学校や職場も、注意散漫にならないようにネットワーク上でコンテンツをブロックし、一方で保護者は子供を不適切なマテリアルから保護するためにアクセスを制限します。

国はインターネット検閲を利用して、情報拡散を防ぎ、世界の公式情報に対する抗議を抑制します。これは、人々をコントロールして、社会暴動を防ぐ方法です。政府によるインターネット閲覧は、モラルや宗教的な異議によっても刺激されるほか、著作権保有のマテリアルへのアクセスも防ぎます。

センサーは技術的手法を導入し、インターネットユーザーがウェブサイト(海外のニュースサイトなど)、アプリ(FacebookYouTubeなど)、サービス(Googleなど)へのアクセスをブロックします。場合によっては、国は法律を制定して、インターネットへのコンテンツ公表を困難にします。極端な場合には、国民がインターネットに一切アクセスできないようにします。ExpressVPNの2020年インターネット検閲報告書では、世界の国々がインターネット検閲を実施する方法について考察しています。

インターネット検閲の問題:私たちへの影響は?

スマイリーの顔がついた、さまざまなデバイス。

歪んだ世界観:検閲は世界や社会をどのように理解するかということに影響を与えますが、その社会のもっとプラスの面を頻繁に紹介します。世界にある他の生き方に関して知ることも遮ります。

不便:旅行中や海外居住中に利用している主なオンラインサービスがブロックされるとストレスになることがあります。これは、家族や友だちとのコミュニケーションやニュースやエンタメで頼っているメインのメールアドレス、メッセージアプリ、ソーシャルメディア、ビデオチャットツールなくして行く必要があるということです。

事業上の欠点:事業決定に役立つことがあるすべての情報にアクセスできない時に、企業は検閲によって妨害されます。人気のコミュニケーションサービスをブロックする国々で運営される国際企業も、最適性と品質に関わらず、局所的に利用できるアプリを使用することで適合させなければなりません。

プライバシーの喪失:検閲が高レベルの国では、人々は特定の場所で利用できるソーシャルメディアやチャットアプリの使用が制限されます。このようなアプリは、デリケートな内容を監視する可能性があり、幅広く普及される前に削除することがあります。

編集されたエンタメ:国はストリーミングサービスや特定の映画・テレビ番組をブロックする、または好ましいメッセージ発信と食い違うコンテンツを省略するバージョンだけを許可することがあります。

インターネット検閲の仕組みは?

DNS

ウェブサイトとサービス検閲の最も一般的で旧式のツールは、DNS記録をリダイレクトすることです。サービスに慣れている人はそれでも直接たどり着くことができますが、これは電話帳やマップサービスから事業を削除することに似ています。この方法に対する一般的な迂回方法は、海外のプロバイダは検閲要請に応じていないので、自国の管轄区外のDNSプロバイダを利用することです。

IPブロック

もっと洗練された方法は、すべての要求とターゲットのサイトに接続されたIPアドレスでの接続をブロックすることです。ブロックされたサイトが共有サーバーで提供されているなら、そのサーバーのすべてのサイトは同じ運命に直面します。

キーワードフィルター

キーワードフィルターを使うと、特定のキーワードが入っているどのウェブサイトもブロックされます。キーワードフィルターが適用されます。行政機関が監視を通じてすばやく新しいウェブサイトを識別、禁止できない時に、キーワードフィルタリングが適用されます。

ディープ・パケット・インスペクション

ディープ・パケット・インスペクション(DPI)は、規制されたネットワークで出入りするすべてのデータを分析するプロセスのことです。パワフルなコンピュータとストレージユニットをすべてのデジタルボーダーで設置しなければならないので、膨大なリソースが必要です。副次的影響として、接続がかなり遅くなります。

速度の不具合

企業によっては、インターネット接続をスロットルして、著しく遅くして特定のサイトに到達しづらくします。このアプローチは、uTorrentやLimeWireなどのピアツーピアサイトへのアクセス規制のために以前ISPが使用していました。

VPNを使ってインターネットを自由に

ExpressVPNは、インターネット上で自由にアクセス、公開する権利の一部として、デジタル権を考えています。

世界中にある弊社のVPNサーバーのひとつに接続する時には、新しいIPアドレスを使ってインターネットを閲覧できるようになります。これによって、ユーザーが別の国にいるかのように見せて、検閲されることがあるウェブサイトにアクセスできるようになります。

ExpressVPNは最高クラスの256ビット暗号化を利用してウェブトラフィックを暗号化し、厳格なポリシーを備えて、アクティビティログや接続ログを保持しません。そのため、SIP、政府、悪意ある存在によってデータが読まれること、ハッキングされること、盗まれることを心配せずにお好きなサイトを訪問できます。

VPNに関してもっと知る

複数のブラウザウィンドウがあるノートパソコン。
ウェブサイトのブロックを解除

お気に入りのウェブサービスにアクセスして、検閲を回避

グローバルなコンテンツのブロックを解除する詳細

暗号化のノートパソコン。
データを暗号化

強力な暗号化でデータと通信を保護

VPN暗号化に関する詳細

緑色のファイルと、その間からXマークがついた紙を開く。
アクティビティログなし

ExpressVPNは訪問するウェブサイトを見たり、記録することはありません

ログに対するポリシーに関して読む