ひとつのルーター、複数のロケーション

ルーター版ExpressVPN:複数ロケーションに接続

ホームルータにExpressVPNを設定することで、接続されたすべてのデバイスがVPNのメリットを享受できます。また、デバイスグループを使えば、デバイスを同時に複数のロケーションに接続することができます。

デバイスグループの良いところは?

1. 複数ロケーションに接続

VPNルーターは通常、すべてのデバイスを同じVPNロケーションに接続しますが、デバイスグループを使えば、各デバイスの接続先を柔軟に選択することができます。

ルーター版ExpressVPN:デバイスグループの紹介

デバイスに最大5つのグループを作り、グループごとに特定のVPNロケーションに接続しましょう。パートナーがヨーロッパからのサッカーの試合を観戦している最中に、米国からの映画を見ることができます。接続先の切り替えは、タップ、ドラッグ、ドロップで簡単にできます。

この動画には、多言語の字幕が付いています。歯車のアイコンに続いて「字幕/CC」を選択し、言語メニューを開くと、あなたの言語に切り替えられます。

2. 接続をカスタマイズ

ExpressVPNをルーターに導入することで、接続しているすべてのデバイスを使いやすいダッシュボードでコントロールすることができます。各デバイスグループが接続するVPNロケーションの選択以外にも、以下の選択が可能です。

  • スマートロケーション:ネットワークの状況に応じて最適な場所を選択する機能

  • No VPN:ルーターに接続されているが、VPNを使用しないデバイスが必要な場合に使用

  • MediaStreamer:ストリーミング機能を強化するが、VPN保護機能は提供しない弊社のDNSサービス

3. スムーズに使える

ルーターにExpressVPNを導入すれば、接続を忘れることはありません。あらゆるデバイスで常時保護を受けられ、デバイスやグループのロケーションを切り替えても他の接続が妨げられることはありません。安心を得るためにも、ご自宅での平穏を保つためにも、ぜひご利用ください。

簡単3ステップでデバイスグループを使用する方法

ステップ2

新しいグループを追加し、名前を付ける(「ストリーミング」「プライバシー」「ゲスト」など)

ステップ3

接続したデバイスを作成したグループにドラッグ&ドロップし、グループごとにVPNロケーションを選択

3種類のルーター

ExpressVPNは次のルーターと互換性があります

お使いのルーターを以下のモデルと照合し、これらのガイドを参考にして設定しましょう。ステップバイステップで手順を説明します。