プライベート、ゼロ知識DNS

ExpressVPNは、全てのサーバーで独自のDNSを使用します。

  • 第三者機関なし
  • アクティブログなし、接続ログなし
  • DNSブロッキングなし
  • 256ビットの暗号化

DNSトラフィックは個人のものです。以上

ExpressVPNを購入

DNSについて

この動画では、公開されたDNSリクエストがどのようにプライバシーを危険に晒すか、またExpressVPNのプライベートかつ暗号化されたDNSがどう安全かつ高速かをご説明します。

動画を再生できませんか? 以下からテキストをダウンロードしてください。

ダウンロード .pdf [75kb]

DNSとは?

DNSは、ご使用のデバイスがURLをIPアドレスに変換する方法です。

インターネット上の全てのウェブサイトは、IPアドレスと呼ばれる数字列で特定されます。そして、各サイトのIPアドレスは、人々が覚えやすいように対応するURLを有しています。DNS(ドメインネームシステム)は、ご使用のデバイスがあなたの代わりに入力またはクリックしたURLを数字列に変換する方法です!

ExpressVPNは、独自のプライベートDNSを持つVPNサービスです。

ExpressVPNは、独自のプライベートDNSを持つVPNサービスです。他のVPNサービスとは異なり、ExpressVPNに接続時ユーザーのDNS活動は、残りのインターネットトラフィックを隠す同じ暗号化とトンネリングプロトコルで保護されます。なぜなら、ExpressVPNは全てのVPNサーバーで独自のDNSを使用するからです。

第三者機関なし

第三者のDNSは改ざんに弱いです。

多くのVPNプロバイダは、VPNと同じ暗号化とトンネリングプロトコルで保護されていない第三者機関のDNSを使用しています。そのため、悪用される可能性があります。

ExpressVPNのDNSリクエストは保護されます。

ExpressVPNは、独自のDNSを全てのVPNサーバーで使用するため、空港、カフェ、その他の公共Wifiホットスポットなど安全性が低い場所でもユーザーのDNSリクエストは常にしっかりと送信されます。

プライベート、ゼロ知識DNSを使用

第三者のDNSサーバーは、個人の特定に繋がるデータを記録します。

第三者機関のDNSサーバーは、ユーザーのトラフィックから、どのサイトにどこから、いつアクセスしたかなどの個人の特定に繋がるデータを記録します。そのサーバーへのアクセスを持つ人は誰でもユーザーの特定に繋がるDNSログを確認できます。

ExpressVPNの組み込まれたDNSはゼロ知識です。

ExpressVPNに取り込まれたDNSはゼロ知識です。つまり、個人の特定に繋がるデータはどのサーバにも保存されません

256ビット暗号化使用のDNS

ExpressVPNのDNSはクラス最高の暗号化で保護されています。

他のVPNサービスは、インターネットトラフィックは暗号化しますが、DNSリクエストは保護しません。ExpressVPNは、独自のDNSを使用するため、 DNSルックアップを含む全てのインターネットトラフィックはクラス最高の暗号化で攻撃や悪用から保護されます。

ExpressVPNを購入

DNSブロッキングやフィルタリングなし

第三者のDNSは保護されていないことがよくあります。

第三者機関のDNSは保護されていないことがよくあるため、中間者攻撃からDNSリクエストを傍受することは、政府、ISP、企業が一部のコンテンツへのアクセスを拒否する最も簡単な方法の一つです。

ExpressVPNのDNSリクエストは暗号化され、検閲から保護されています。

ExpressVPNのDNSリクエストは暗号化されるため、検閲、DNSフィルタリング、フィッシング、その他の悪用から保護されます。さらに、DNSリクエストはVPNトンネルを離れないため、早いリスポンスタイムを得られます。

ExpressVPNを購入

独自のDNSを持つVPNを獲得しよう
リスクフリーでお試しできます。

提供する製品に自信があるため、
30日間返金保証
を一切不問で提供しています。

ExpressVPNを購入

Need help? Chat with us!
Live Chat
Share
Hide
Facebook
Twitter
Google+
LinkedIn
Reddit
WhatsApp
Telegram
Email