Get 30 days free when you sign up now.

プライベート、ゼロ知識DNS

ExpressVPNは、全てのサーバーで独自のDNSを使用します。アクティブログなし、接続ログなし 、DNSブロッキングなし 、第三者機関なし。

256ビットの暗号化 で守られた、DNSトラフィックはあなたのものです。保護しましょう。

緑背景の円形のDNSロゴ

DNSについて

この動画では、公開されたDNSリクエストがどのようにプライバシーを危険に晒すのか、またExpressVPNのプライベートで暗号化されたDNSが、どのように安全で高速なのかをご説明します。

DNSとは?

動画を再生できませんか?テキスト(pdf,75kb)をダウンロードしてください。

DNSとは?

IPアドレスに変換されるURLを表示する円形DNSロゴ。

ドメインネームシステム

インターネット上の全てのウェブサイトは、IPアドレスと呼ばれる数字列で特定されます。そして、各サイトのIPアドレスは、人々が覚えやすいように対応するURLを有しています。DNS(ドメインネームシステム)は、ご使用のデバイスがあなたの代わりに入力またはクリックしたURLを数字列に変換する方法です!

IPアドレスに変換されるURLを表示する円形DNSロゴ。

プライベートDNS

ExpressVPNは、独自のプライベートDNSを持つVPNサービスです。他のVPNサービスとは異なり、ExpressVPNに接続時ユーザーのDNS活動は、残りのインターネットトラフィックを隠す同じ暗号化とトンネリングプロトコルで保護されます。なぜなら、ExpressVPNは全てのVPNサーバーで独自のDNSを使用するからです。

第三者機関なし

第三者DNSは不正に弱い

多くのVPNプロバイダは、VPNと同じ暗号化とトンネリングプロトコルで保護されていない第三者機関のDNSを使用しています。脆弱なため、悪用される可能性があります。

DNSハイジャックからの保護を示す円形のDNSロゴ

ExpressVPNは、独自のDNSを全てのVPNサーバーで使用するため、空港、カフェ、その他の公共Wifiホットスポットなど安全性が低い場所でも、ユーザーのDNSリクエストは常にしっかりと送信されます。

プライベート、ゼロ知識DNSの使用

第三者DNSサービスがどのように直に個人情報を記録するのかを表すDNSロゴ

DNSの脆弱性

第三者機関のDNSサーバーは、ユーザーのトラフィックから、どのサイトにどこから、いつアクセスしたかなどの個人の特定に繋がるデータを記録します。そのサーバーへのアクセスを持つ人は誰でも、ユーザーの特定に繋がるDNSログを確認できます。

緑のチェックマークのついた円形のDNSロゴ

DNSセキュリティ

ExpressVPNのビルトインDNSはゼロ知識です。つまり、個人の特定に繋がるデータはどのサーバにも保存されません

256ビット暗号化DNS

緑の高速背景の上に円形のDNSロゴ

他のVPNサービスは、インターネットトラフィックは暗号化しますが、DNSリクエストは保護しません。ExpressVPNは、独自のDNSを使用するため、 DNSルックアップを含む全てのインターネットトラフィックはクラス最高の暗号化で攻撃や悪用から保護されます。

DNSブロッキングやフィルタリングなし

DNSリクエストがブロックされていることを表す円形のDNSロゴ

DNSリクエストの傍受

第三者機関のDNSは保護されていないことがよくあるため、中間者攻撃をDNSリクエストを傍受することは、政府、ISP、企業が一部のコンテンツへのアクセスを拒否する最も簡単な方法の一つです。

暗号化された’DNSリクエストを検閲がブロックできないことを示す円形のDNSロゴ

暗号化されたDNSリクエスト

ExpressVPNのDNSリクエストは暗号化されるため、検閲、DNSフィルタリング、フィッシング、その他の悪用から保護されます。さらに、DNSリクエストは絶対にVPNトンネルを離れないため、早いレスポンスタイムを得られます。

30
日間
返金保証

独自DNSを持つVPNをお試しください

提供する製品に自信があるため、 30日間返金保証 を提供しています。簡単でリスクフリーです。
ExpressVPNを購入する