重要:ExpressVPN Keysは、ExpressVPN iOSおよびAndroidアプリと、Windows、Mac、LinuxのChromeブラウザ拡張機能(Chrome、Opera、Edge、Vivaldi、Braveに対応)で、徐々に展開されています。

パソコンやAndroidデバイスを使って、ChromeからExpressVPN Keysにログイン情報をインポートできます。iOSを使ったChromeからのログイン情報のインポートには、間もなく対応する予定です。

目次

パソコンを使ってChromeのログイン情報をインポート
Androidデバイスを使ってChromeのログイン情報をインポート
iOSデバイスを使ってChromeのログイン情報をインポート

パソコンを使ってChromeのログイン情報をインポート

1. ExpressVPN Keysにログイン情報をインポート

  1. ChromeでChrome版ExpressVPN Keysブラウザ拡張機能をインストール
  2. ExpressVPN Keysブラウザ拡張機能をクリック
  3. オプションタブ > 設定をクリック
  4. 既存のサービスからインポートするをクリック
  5. プライマリーパスワードを入力
  6. Chromeを選択
  7. 画面の指示に従って操作します
  8. ファイルを選択をクリック
  9. 先ほどエクスポートしたCSVファイルを選択
  10. すべてのログイン情報が正しくインポートされていることを確認してください

2. Chromeからログイン情報を削除

Chromeがサイトやサービスのログイン時にプロンプトを表示し続け、ExpressVPN Keysの妨げとなるおそれがあります。これを防ぐには、Chromeからログイン情報を削除してください。
重要:一度Chromeからログイン情報を削除すると復元することはできません。削除する前に必ずChromeからすべてのログイン情報をExpressVPN Keysにインポートしてください。

ログイン情報の削除手順:

  1. Chromeを開いてVertical ellipsis.をクリック
  2. その他のツール > 閲覧履歴を削除…をクリック
  3. 詳細設定タブの期間で、全期間を選択
  4. パスワードとその他のサインインデータを選択し、その他のオプションの選択を解除
  5. データを削除をクリック

ログイン情報を個別に削除する場合の手順:

  1. Chromeの検索バーに chrome://settings/passwords と入力
  2. 保存したパスワードの下にある各ログイン情報のVertical ellipsis.をクリック
  3. 削除をクリック
  4. すべての削除したいログイン情報に対してこのステップを繰り返す

Chromeが自動で名前、メール、住所を入力しないようにするための手順:

  1. Chromeの検索バーに chrome://settings/addresses と入力
  2. 住所の保存と入力のトグルをオフにする

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう。

トップに戻る


Androidデバイスを使ってChromeのログイン情報をインポート

1. ExpressVPN Keysにログイン情報をインポート

  1. ExpressVPN Androidアプリで、オプション > 設定 > データをタップ
  2. 既存のサービスからインポートをタップ
  3. Chromeをタップ
  4. 画面上の指示に従う
  5. CSVをインポートするをタップ
  6. 先ほどエクスポートしたCSVファイルを選択
  7. すべてのログイン情報が正しくインポートされていることを確認してください

2. Chromeからログイン情報を削除

Chromeがサイトやサービスのログイン時にプロンプトを表示し続け、ExpressVPN Keysの妨げとなるおそれがあります。これを防ぐには、Chromeからログイン情報を削除してください。

重要:一度Chromeからログイン情報を削除すると、復元することはできません。削除する前に必ず、Chromeからすべてのログイン情報をExpressVPN Keysにインポートしてください。

ログイン情報の削除手順:

  1. Chromeアプリを開いてVertical ellipsis.をタップ
  2. 設定 > プライバシーとセキュリティをタップ
  3. 閲覧履歴データの削除をタップ
  4. 詳細設定をタップし、全期間を選択
  5. 保存したパスワードのみを選択
  6. データを削除をクリック

ログイン情報を個別に削除する場合の手順:

  1. Chromeアプリを開いてVertical ellipsis.をタップ
  2. 設定 > パスワードマネージャーをタップ
  3. ログインをタップ
  4. 本人認証を行う
  5. 削除 > 削除をタップ

ChromeがGoogleパスワードマネージャーにログイン情報を保存するか尋ねたり、自動で名前、メール、住所を入力しないようにするための手順:

  1. Chromeアプリを開いてVertical ellipsis.をタップ
  2. 設定をタップ
  3. 住所やその他の情報をタップし、住所の保存と入力のトグルをオフにする
  4. 設定画面に戻る
  5. パスワードマネージャー > Settings icon.をタップ
  6. パスワードを保存できるようにするのトグルをオフにする

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう。

トップに戻る


iOSデバイスを使ってChromeのログイン情報をインポート

1. ExpressVPN Keysにログイン情報をインポート

  1. ExpressVPN iOSアプリで、オプション > 設定 > データをタップ
  2. 既存のサービスからインポートをタップ
  3. Chromeをタップ
  4. 画面の指示に従う
  5. すべてのログイン情報が正しくインポートされていることを確認してください

2. Chromeからログイン情報を削除

Chromeがサイトやサービスのログイン時にプロンプトを表示し続け、ExpressVPN Keysの妨げとなるおそれがあります。これを防ぐには、Chromeからログイン情報を削除してください。

重要:一度Chromeからログイン情報を削除すると復元することはできません。削除する前に必ずChromeからすべてのログイン情報をExpressVPN Keysにインポートしてください。

すべてのログイン情報を削除場合の手順:

  1. Chromeアプリを開いてVertical ellipsis.をタップ
  2. 閲覧履歴データの削除をタップ
  3. 期間範囲 > 全期間をタップ
  4. 保存したパスワードのみを選択
  5. 閲覧履歴データを削除 > 閲覧履歴データを削除をタップ
  6. 完了をタップ

ログイン情報を個別に削除する場合の手順:

  1. Chromeアプリを開いてVertical ellipsis.をタップ
  2. パスワードマネージャーをタップ
  3. 上のところで編集をタップ
  4. ログイン情報をタップしてから、削除をタップ

ChromeがGoogleパスワードマネージャーにログイン情報を保存するか尋ねたり、自動で名前、メール、住所を入力しないようにするための手順:

  1. Chromeアプリを開いてVertical ellipsis.をタップ
  2. 設定をタップ
  3. 住所やその他の情報をタップし、住所の保存と入力のトグルをオフにする
  4. 設定画面に戻る
  5. パスワードマネージャーをタップ
  6. パスワードを保存できるようにするのトグルをオフにする

ヘルプが必要ですか?ExpressVPNサポートチームに問い合わせを行い、迅速なサポートを受けましょう。

トップに戻る

この記事は役立ちましたか?

ご不便をおかけして申し訳ございません。よろしければ、今後の改善策をお聞かせください。

サポートチームのメンバーがこの問題についてフォローアップいたします。